気軽に利用できるようになりつつあるウリ専の様々なサービス

サイトマップ

スーツを着た男性

ウリ専は性的サービスだけではありません

ウリ専と聞くと男性が男性に性的なサービスだけを提供する仕事だと勘違いされている方が多く居ます。もちろんメインの仕事は性的なサービスなのですが、それ以外にもお客さんの心を満足させることが大切で、性的なこと以外にも2人で食事に出掛けたりテーマパークでデートすることもあります。
また性的なサービスに関してもお客さんによって様々で、色々なプレイが出来た方がお客さんも満足するので指名が付きやすいですが、予めお店の方に出来るサービスと出来ないサービスを伝えておく方が「指名したのにプレイに応じてくれない」といったトラブルを回避することが出来ます。
ウリ専では性的なサービスを提供することから、性病への感染をリスクに感じる人も多くいます。しかし、プレイの前には必ず殺菌洗浄やうがいをしますし、お客さんも自分が性病に感染するリスクを軽減する為に気を付けている人がほとんどなので、後は定期的に性病検査を受けていればリスクは少ないと思います。
そして気になる収入に関してはウリ専は完全な歩合制となっているので、出勤日数や勤務時間などで大きく変わります。しかし、多くの場合では他のアルバイトと比較して高収入となることから、大学生などが短時間に稼ぐことを目的に働いている人が多くいます。

ウリ専でモテる人の条件とは

ウリ専とは、男性が身体を売る商売の事です。基本的に男性と男性の肉体関係がメインですが、男娼でもウリ専扱いしている所もあります。言葉の意味はしっかり定義されているわけではないので、曖昧なのです。
人気(ウリ専採用される)なのはイケメン・筋肉質・細身です。イケメンは個人の嗜好なのであまり気にする必要はありませんが、筋肉質である事はかなり重要です。単純に身体をいう観点で男性を見た時、引き締まっていた方が魅力的に感じる方が多いという事です。真逆の太目で鍛えていない、髭もあまり手入れされていないというタイプも需要がないわけではありません。ただしこちらは極まったゲイの方の個人的嗜好で買われるパターンが多いので、ウリ専として常にお客が付くかといわれるとNOです。そういう趣味(太目が好きなゲイ)の方との個人的な付き合いになるので、お金を払う関係性というより、彼氏や恋人という関係になるパターンが殆どです。
職業性質上ウリ専になろうと思って始める人は少ないので、そういう選択肢を選んだ時点から色々改善していくという方向性で問題ないでしょう。鍛えて清潔感を演出し、指名人気が出たといっても女性に比べれば稼げません。特殊なプレイ故に、日の指名数は肉体的な限界があるのです。無理して1日10人お客を取ったとしても、それは体が持ちません。あくまで、抵抗のない人のちょっとした小遣い稼ぎだと思いましょう。

ウリ専について紹介

皆さんはウリ専と呼ばれる言葉を知っているだろうか。男性が男性に性的なサービスをすること、またはそういうサービスがある風俗店をウリ専といいます。現在はオネエタレントがメディアにて一定の市民権を得たようにゲイと呼ばれる男性が男性に性的な魅力を感じる人たちいわゆる「同性愛者」が人々に広く認知されるようになりました。そうして性風俗の世界もいち早くニーズを捉えそういうサービスを提供するお店がとても多くなっております。
ゲイと一括りにしていますがプレイ内容にかなりの好みがある世界ですのでハードなプレイにも対応出来るお店やソフトサービスのお店までその種類も様々です。最近では大学生などの若者がアルバイト感覚でウリ専で働いていることも多いようです。もちろんその男の子たちは女性が性の対象のいわゆるノンケなのですが、非常にお給料も高く待遇も良いのでその世界に足を踏み入れる若者たちが増えております。
ウリ専の中には性的なサービスが無くデートをしたり一緒に食事をするだけというものもあります。特殊な性的趣向なのでなかなか好みの相手と巡り合うことが出来ずにいる人たちにとってはそういうお店はかなりの需要があるようで、一種のゲイのカップルの出会いの場であったりノンケが好みの人にとっては多くの素人男性と知り合えるのでかなり喜ばれているようです。


男性同士のからみといものに関心があるという方には、ウリ専の利用をおすすめします。きっとあなたはウリ専にハマるはずです。少しでも関心があれば、あとはボーイが楽しませてくれるので、気になるという方は試しに利用してみてください。隠されていた本来の自分が目覚めるほどの快感が得られるかもしれません。

TOP